読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実存主義?

最近、目の前のバスやPS4を眺めていると、どうしてこんなものが存在するんだろうと考えてしまう

なぜ、宇宙というものが誕生し、人間が生まれ、存在しているんだろうってことまで考えてしまう

存在できているんだろうって感じ

バスや、宇宙、そして私の、存在の根拠がなにも分からない

私は何の土台の上に立っているのか

地につけている足の、地とはなんだ?

 

マンガを買う

同人誌を買う

ゲームを買う

けど、買ってきた自分の好きなものが、10年後、残っている気がしない

手元にはあるだろうけど、なんだか形骸化しているような気がする

私の人生もそうなっている

地面のことも分からず、自分のことも分からない

今だけしか分からない

今、私のもとに具象としてある物しか分からない

いつか死ぬということが分からない

 

存在の根拠、何かが未来へ向けて地続きに繋がっているということ、これが分からない

生きるという行為は、落ちたら死んでしまう崖から崖を、綱渡りで渡るようなものだと、そしてそれをずっと続けることだと思っていた

慎重に、そして確実に、前へ向かって歩いていくものだと

でも実際は、綱のような細く危ない物で渡るのではなく、鉄筋コンクリートでつくられた、安全性抜群の、幅が50メートルも100メートルもあるような物でわたるような感覚なのだ

どうしてこんな物があるのか理解できない

誰が、いつ、どうして、どのようにして、つくったのかが知りたい

知らないと怖くて渡れない

平気で渡っていく人々が理解できない

 

マグリットの絵に惹かれるのは、これが原因か

空中に浮かぶ巨大な石は、おもしろさと供に私の存在を脅かす。その絵のおかしさを証明できても、自分の存在の証明はできない

 

どこからこの欲求が来るのか分からないが、ものすごくセックスをしたい

手を握る、抱きしめられるというだけで底知れぬ安心を感じる

なんと心弱い人間になってしまったことか