読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生理的に無理なアニメ

アニメは好きでよく見るのですが、どうしても苦手な内容のものがあります

つまり、無条件で女の頭が悪く、無条件で男の頭が良いアニメです

より嚙み砕いていうと、この手のアニメでは、女のキャラはよく泣き、男のキャラは正論しか言いません。また、男は常に冷静沈着で、しかも能力が高い傾向にあります

男>女という不等式が丸見えのようなアニメです。女は男に守られるべき存在とでも言いたいのでしょうか。また、女は男より頭が弱いとでも言いたいのでしょうか

エロゲでも、同じ構造のものが多いような気がします

とあるアニメを見ていたとき、絶対泣かないだろうなって思ってたキャラが、しょうもない理由で男主人公に泣きついていたときは、悲しさを覚えました。そんなに自己承認欲求を満たしたいのかと

また、この手のアニメは、唐突なサービスシーンがあります。そして女の子は頬を赤らめて怒るのです。サービスシーンは大歓迎ですが、あまりに唐突であるため、興ざめするのです

 

さて、どうしてぼくはこの手のアニメが苦手なのでしょうか

苦手意識が功を奏し、百合マンガや女の子が中心のものばかり見るようになりました

アイドルマスターなんてその典型ですね、どっぷりはまってます

まあ、もう書きましたが、男>女という構造が気持ち悪いんですね

当然、女>男の構造も気持ち悪いです

ぼくの中のバランス感覚がそう判断します

女は男のものではないし、男は女のものではありません

にもかかわらず、堂々と言い放っていることに、時代錯誤感や、利己主義のようなものを感じるのです

そういうアニメを普通に見れる人は、一体どんな精神構造をしているのだろうか

謎です、生理的に無理なんです、見ててムズムズしてくるんです

男ってそんなに偉くないし、視聴してるだけのあなたも偉くないよ、って思います

アニメに自己投影しても、アニメの主人公にはなれないよと。プライドを守るのは自分しかいないんだよと

 

人の趣味に口出しするのはセンスがないですが、気になったので書きました

以上です